離婚の慰謝料請求

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士にはいろいろなことを相談することができます。その1つとして慰謝料請求があります。ただし、すべてのケースで慰謝料を必ず請求できるというわけではありません。請求できるケースは限られています。それは相手が不当行為をした場合です。それによって精神的な苦痛を受けたならば、それに対する慰謝料を請求することができるのです。

浮気たとえば、相手が浮気や不倫をしたならば、慰謝料請求ができるでしょう。それぞれの状況において請求できる慰謝料の相場は異なります。弁護士に相談をすることによって、できるだけ高額な慰謝料を請求することができるでしょう。また、身体的な、あるいは精神的な暴力を受けた場合にも慰謝料を請求することは可能です。一方的に暴力を受けたならば、離婚をすることが可能であり、そのようなときに慰謝料の請求をすることもできるのです。

あるいは悪意の遺棄を受けた場合にも慰謝料請求をすることは可能です。これは相手が困ってしまうのを承知でほったらかしにしておくということです。たとえば生活費を渡さなかったり、実家に勝手に帰ってしまったり、働こうとしないといったケースです。

弁護士ならばさまざまなケースにおいて、慰謝料を請求できるかどうかを判断して、可能ならば慰謝料請求をしてくれるでしょう。